ロゼット的弘前案内 その3
Cちゃんをもてなす旅の最終日。
この日飛行機で帰る、と聞いたわたしには
どうしても連れて行きたい場所がありました!

それは青森市浪岡・王余魚沢(かれいざわ)地区にある
廃校を使ったカフェやショップなどがある「王余魚沢倶楽部」。
趣味や好きなものが似ているCちゃんならきっと気に入ってくれると思ったのです。

ちょっと薄曇りの肌寒い日でしたが、王余魚沢倶楽部はいつ行っても、
ちょっと古びた雰囲気が本当に素敵で、アーティスティックな気分にさせてくれます。

まずは校舎内に入り、shopを拝見。
まだ試作段階だというキノコ型のブナコのランプに早くも釘づけ!
c0161336_23534978.jpg


また、北洋硝子さんとのコラボ製品、キノコ型の津軽塗。
など、どれもシンプルでありながら心惹かれるものばかり!
c0161336_2354742.jpg

c0161336_23544656.jpg


ひと通り見終わって、向かうのはもちろんメインであるカフェ!
かれいざわ」という名前だけあって、カレーがこのカフェの名物なのです。

バターチキンカレーと野菜カレーの2種類あるのですが、2人ともに迷わず野菜カレー☆
c0161336_023215.jpg


なんと、かつお出汁を使っているというそのカレーは、とてもあっさりのスープ仕立て。
でもかつおと野菜のうまみがギュッと凝縮されていて、さらさらとおなかに吸収されていきます(笑)。

カフェはちょっと風が冷たかったので、選べる飲み物は「ホットアップルサイダー」に。
サイダーというと炭酸のものを思い浮かべてしまいますが、
アメリカでは温かいりんごジュースのことを「サイダー」というのだそう。
このホットアップルサイダーがまたおいしいのなんの!
温かいりんごジュース、特に寒い季節にはうってつけですね。

カフェでまったりしていると時間はあっという間。
Cちゃんを空港まで見送り、今回の旅は終了となりました。
この日ももちろん?満足してくれた様子(^◇^)

こうして青森県内(ほぼ弘前近郊に偏ってますが)を歩くと、
たくさんの魅力がある街だなーと、つくづく感じました。
たまたまこのブログを見て、青森に行ってみたい!
と思ってくださる方がいらしたら嬉しいなあ♪

by umekko
[PR]
by hej-rosette | 2012-09-15 00:02 | 日々・つれづれ
<< 秋の味覚をおいしく食べたい。 ロゼット的弘前案内 その2 >>